よく聞くジェネリックとは | ストレスでEDになっても、心配なく。EDは治せる病気です。
menu

よく聞くジェネリックとは

白い錠剤が入っているパッケージ

バイアグラなどの医薬品はジェネリック医薬品として今は多く販売されています。このジェネリックは皆さんは聞いたことがありますよね。
今はテレビやラジオ等で聞くことも珍しくありません。そんなジェネリックというのは、元々海外で開発されて、完成も販売も行なっている医薬品を日本の製薬会社が日本人向けに改良し、低価格で販売している医薬品になります。
成分はもとの医薬品と一緒ですので、効果は一緒です。しかし、ちょっとした疑問も生まれます。それは日本で開発せずに、海外から医薬品を持ってくるのは何故なのかということです。
普通に考えれば、そのとおりです。そちらの方が安心もできますし、お客さんはもっと購入してくれるかもしれません。しかし、それができない理由がちゃんとあるのです。それは、経費の問題です。実は一から医薬品を作るとなると、販売に行き着くまで、膨大な時間と経費が重なるのです。まず、この医薬品を作るためには専用の道具、施設、人材そして、材料が必要になります。これだけでもすでにかなりの経費がかかっています。これを二、三年ではありません。十年以上は考えておく必要があります。
しかも、確定事項ではありません。十年以上かけて、結局何もできないということもありうるのです。そんな不確定なものに会社のお金を注ぎ込むことはできないのです。だから、日本の製薬会社はジェネリックという形で販売しているのです。もし、開発に成功しても元を取るためにかなり高額な医薬品になってしまい、結局は誰も買わなくなります。